栽培品種

ツガル(芳明)

当果樹園では一年を通じて一番早く収穫となるりんごで、収穫時期は8月下旬から9月上旬となります。
つがるの中でも芳名という品種で、りんごの着色がとてもよく、収穫期には真っ赤な色になります。
大きさは、比較的大き目で、日本では「ふじ」に次いで生産高が多い品種です。
皮が薄く、果汁が豊富で甘みの強いリンゴです。
ぼけやすい欠点がありますが、常温で2・3日置いてから食べるととても味が良くなります。
一週間から10日程度は日持ちします。

 

シナノスイート

当果樹園ではシナノスイートが2番目に収穫期を迎え、収穫時期は10月上旬から、10月下旬となります。
信州の代表的なりんごの一つで、品種改良によって出来た人気の品種です。
果実の形は円から立て長で、果実の大きさは8センチ程度で比較的大き目です。
果肉の硬さ、肉のきめはいずれも中、果汁の量は多く、果肉に蜜は入りません。
甘味が勝り、万人受けすることから、信州りんごでは1番人気の高いりんごです。

 

秋映え

ただ今、作成中

暫くお待ち下さい!

 

シナノゴールド

当果樹園ではこちらの品種も量こそ多くは栽培していませんが、フジと同じ時期に収穫が出来るりんごです。
色は黄色がかった、赤くならないリンゴです。
玉の大きさもフジと同じ位で、比較的大きめです。
歯ごたえが良く、果汁が豊富でサッパリ系の味のりんごです。
果肉は黄色で、香りがあり、きめは中位で口当たりがいい人気が有るリンゴです。
日持ちの良さもふじ同様優れています。

 

サンふじ

当果樹園では一番多く栽培しているりんごです。
収穫時期も一番最後で11月上旬から中旬に掛けて最盛期となります。
大きさは直径10センチ程度で、果汁が多くシャキッとした歯ごたえと、特に身が締まった人気のりんごとなります。日本が世界に誇る品種で甘みが強く、果汁が多く、食感、日持ちの良さにも優れています。
熟して蜜入りのものは更に食感が良くなります

Share on Facebook
Share on GREE