ご挨拶

ITO果樹園へようこそ…

ITO果樹園の伊藤 史雄と申します。

当果樹園は長野県の飯綱町(長野市から約20km程北側)に位置し、北信五岳(飯綱山・黒姫山・戸隠山・妙高山・斑尾山)の飯綱山の麓に広がる比較的なだらかな斜面に面した場所にあります。

飯綱町はりんごの里として有名な場所で、この地でりんご栽培を営み始めて早50余年、お爺さんの代から受け継いで来た信州リンゴ農園です。

時代の移り変わりにより、栽培する品種も少しづつ変化し、今では「ツガルを始めとする、シナノスイート、秋映え、シナノゴールド、王林、サンふじ」等を減農薬栽培し果樹園を営んでいます。

今では、全国のリンゴの1%はここ飯綱町で生産されていると言われるほどになり、知名度もここ数年で飛躍的に上がりました。

又、飯綱地域の中でもここ高岡地域は、標高も高い場所に位置しており、りんご栽培をするのに適した標高の限界点と言う事も有り、昼夜の寒暖差も大きく、リンゴ栽培をするには最高の立地条件となっております。

その結果、秋の収穫時期にはとても身の締まった歯応えの有るリンゴが沢山実り、とても美味しいリンゴと評判を頂いております。

一人でも多くの方にこの飯綱(高岡)産のリンゴを味わって頂きたいと思い、日々愛情を込めてリンゴ栽培に性を出しています。

※リンゴは、自然環境で育つ作物ですので、蜜の入り具合や、味等も個体差や、リンゴの果肉部位によっても多少のバラツキなどがございます事を、予めご了承下さいませ。