経営理念

ITO果樹園では、てしおに掛けて育てた美味しいりんごを一人でも多くの方に食べていただく為に、極力自然に近い形でリンゴを栽培しております。
皆様のお口に入るものですので、必要最低限の肥料や農薬しか使用せずにりんごを育てています。

現代の農薬は基本的に薬害の少ない物になっており、雨が一度降ってしまうと効果が薄れてしまう程、周りに害を与えません。

その他、むやみに消毒だけをするのではなく、コンフューザー(合成ホルモン)と言って、害虫が出す求愛の匂い(性フェロモン)を人工的に作ったものを枝に吊るし、果樹園内に匂いをひろげて雄、雌の交配をかく乱させるフェロモントラップ等の施策も採用しています。

その結果、害虫の繁殖を抑える事が出来、次世代の害虫密度を下げる働きを促進させ、極力農薬を減らすリンゴ栽培が出来るようなりました。

 

又、このコンフェーザーは、天敵などの益虫や他の生物への影響がなく、自然界が本来持っている力を活用した防除法ですので、害虫の密度を下げる環境にやさ しい害虫駆除資材です。

こういった商材を利用する事で、余計な消毒を減らし、安全で美味しいリンゴを作る事が可能となります。

その他、以前より感じていた事として、せっかく栽培したりんごでも、消費者の手に渡った際に、どこの誰が食べてくれたのかが分からないと言う事や、食べた方の感想が生産者に届いて来ないと言う事に対し疑問を感じておりました。

そんな事から、自分の作ったリンゴを誰が食べてくれて、又その結果どうだったのかという声がフィードバックされ、初めて更に美味しい物を作ろうと言った努力にも繋がると考え、今後はこの様な生産者の気持ちを少しでも分かって貰えるような方との絆を大切にし、当農園のリンゴを通じて長いお付き合いが出来ればと考えております。

田舎の小さなリンゴ農家ではありますが、生産からお客さまの口にお届けするまでを、農家が一貫してプロデュース出来る新しいマーケットの創造を目標に、安全で安心の美味しいりんご1等賞を目指して果樹栽培に挑戦し続けて参ります。

是非、信州リンゴの名産地である、ここ飯綱町で採れた最高峰のリンゴを一度ご賞味下さい!!